ホーム » 腸活・菌活 » 腸活歴10年!私の腸活必需品!

腸活歴10年!私の腸活必需品!

10年前に大腸の病気をしてから、腸活には人一倍敏感になりました。
私の場合、すべての原因は「便秘」から来ていた事がわかりました。

市販で、腸活に良い食品や乳酸菌を片っ端から試してみました。
多くの人に効果があっても自分には効果がない事がある・・・という事も学びました。

自分の体で試した人体実験の結果、現在まで10年間リピートし続けている腸活食品は次の4つになります。

①わかめ
②ドライプルーン
③黒豆
④なめたけ

高価な乳酸菌なども一時的に便秘を解消してくれましたが、毎日続ける必要があるので、コスパが悪くて持続できなくなりました。

まずは「自分の好きな食材」であることが重要です。
苦手な味のものは、どんなに効果があると言われても、続ける事が難しかったです。結果的には、簡単にスーパーで手に入り、体にも優しく、お財布にも優しい食品を探すしかないのだと経験から学びました。

私の腸に必要だったものは「水溶性食物繊維」でした。
不溶性食物繊維も積極的に試してみましたが、逆に便秘になることがあったので、一人ひとりの腸には個性があるものだなと思わされました。

リピートしている「わかめ」「黒豆」「なめたけ」は、2日に一度は必ずメニューに取り入れています。カロリーも低く調理しやすい所が特に気に入っています。
そして「ドライプルーン」はおやつがわりに食べています。

個人的にはこの4種の食品に効果を感じ、長年食べ続けているお陰で、便秘から解消され腸の状態が改善されています。外食が続いた後にも積極的に食べるようにすると、お腹の状態が悪くならずに過ごせています。

私は海外出張が多いのですが、どの国に行く時でも、「ドライプルーン」と「乾燥わかめ」をスーツケースに入れていきます。

特に海外では食べ物が合わないことも多く、時差等で体調管理が難しいため、自分にあった食品があることがお守りになってくれています。

腸活生活も10年になり、色々な食品を試して楽しんでいますが、一時期的に腸の改善をするという視点ではなく、「一生食べ続けていける食材なのか?」という視点で選ぶことが重要だと感じています。

今後もさまざまな食べ物を楽しみながらも、腸をいたわり、人生を楽しく過ごしていきたいと願っています。