ホーム » 水素水の飲み方 » 水素水はどうやって飲むのが良いか

水素水はどうやって飲むのが良いか

ミネラルウォーターはそのまま飲む以外に、お茶やコーヒーを淹れたり、料理の際に使ったりすることもできます。それは、短時間の沸騰であればミネラル分が失われることがないためです。
それに対し、水素水というのは水温が上がれば上がるほど、水素が失われてしまい、沸騰をすると肝心の水素がなくなってしまいます。それだけに、水素水はお茶やコーヒーを淹れたり、料理に使うのではなく、そのまま水として飲むことがおすすめです。

何も手を加えずに、そのまま飲むメリットは、加熱をしなくても時間と共に水素は失われていくためです。レトルトパウチを開封したり、水素水サーバーからコップやピッチャーに移し替え、そのままにしておけば水素濃度は徐々に下がっていくことになります。少しでも水素が多く含まれた状態で飲みたいのであれば、開封直後やコップに注いだ直後にそのまま飲み干すことがおすすめです。

水をそのまま飲むことは、あまり得意ではないという人もいるでしょう。しかし、水素水というのは口当たりが良く、飲みやすいという特徴があります。そのため、これから水素水を始めるのであれば、まずそのまま一口飲んでみるところから始めてみると良いでしょう。

そのまま飲む以外の方法で、生活の中に水素水を取り入れたいという場合は、沸騰させずにできる飲み方に挑戦してみると良いでしょう。水素水で淹れたコーヒーやお茶を飲みたい場合は、水出しという方法を選ぶことが有効です。コーヒーなどは湯銭をしたぬるめの水素水でゆっくりと淹れていく方法もあります。どちらも、時間がかかることにより水素濃度が薄れることになりますが、口当たりが優しい水素水を使うことで、コーヒーやお茶の味がより美味しいものとなります。

ただ、水素摂取を目的とするのであれば、そのまま飲むことがおすすめです。他の方法でも飲みたい場合は、朝一番はそのままの水素水、リラックスタイムは水素水で淹れたお茶やコーヒーという飲み方をしていくと良いでしょう。